ハンセン病元患者ご家族様による補償金請求

ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律が施行されています。

発病日(海外在住であった場合は、その後日本での居住を開始した日)から平成8年3月31日までの間に、ハンセン病元患者の方と、夫婦や親子、きょうだいといった関係にあった場合や、あるいは孫・祖父母や甥・姪とおじ・おばの関係にあって同居をしていた場合などに、国に対して補償金を請求できるようになりました。

補償金の金額は、180万円又は130万円となります。

請求期限が令和4年11月21日となっております。お早めにご相談ください。